LGBTの意味と様々な活動

LGBTの意味と様々な活動

LGBTの意味と様々な活動 最近、LGBTという言葉をよく聞きます。これは、性的少数者を限定的に示す用語のことです。女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、性同一性障害者の、各言葉の頭文字を組み合わせた言葉となっています。

日本では、よくこの意味を含めた性的マイノリティー全体を指す言葉としても使われています。また、GLBTとも呼ばれています。この言葉の出現により、多種多様な性と性のアイデンティティの文化を強調するという背景につながりました。性的少数者という用語と同等にみなされることも多くありますが、こちらの方がより限定されていて、肯定した表現であると受け取られています。このように、近年知られつつあるLGBTですが、現在の傾向として、その人たち向けのサイトが開設されているということが挙げられます。

同じ悩みを持つ人がこのサイトを通して相談したり、掲示板で話し相手を募集したりすることができます。またその他、LGBTをテーマとしたカフェイベントや映画祭を行う等の、理解を深める場も確実に増加してきています。さらに、外資系企業を中心に社内支援グループが活動を行い、LGBTの人向けに個別の就職説明会を開くといった活動を行う会社もみられるようになる等、理解を求めようとする動きが近年活発化してきています。

〔トピックス〕